ハイアーチ・凹足とは?【合併疾患が多い危険な足部状態】

Pocket

“周りから足が甲高と言われた”

“足の裏が痛い・たこがある”

“よく足をひねる”

“ハイアーチ・凹足だと思う”

 

このようなお悩みがある方へ。

✔当記事の内容
  • ハイアーチ・凹足とは?合併疾患が多い危険な足部状態!
  • ハイアーチ・凹足の対策とは?

私は国家資格を所持しており、病院にて医師と一緒にハイアーチ・凹足を含む様々な疾病がある方に対して、インソールをお作りしております。

 

また、大学院にて人の動きに関して研究しておりました。

 

ハイアーチ・凹足など足に関してお悩みの方は、ぜひ当記事をご参照頂ければと思います。

ハイアーチ・凹足とは、足のつちふまずが高い甲高な状態のことです。

足の動きがかたいため、様々な疾患が合併しやすい状態なため注意が必要です。

それぞれ詳しくご説明いたします。

ハイアーチ・凹足とは?

ハイアーチ・凹足とは、足のつちふまず(内側縦アーチ)が高い状態のことです。

他の呼び方では、鉤足(こうそく)なんて言い方もございます。

一番の特徴は、足の動きがとぼしく“かたい足”だということです。

 

本来は、足は体重をかけると骨が筋・靭帯に引っ張られながら沈み込みます。

ハイアーチ・凹足は、この動きができずに、様々な疾患が合併してしまいます。

足にたこができてたり、足の裏が痛くなったりしませんか?

ハイアーチ・凹足の問題は、様々な痛みや怪我につながりやすい状態ということです。

 

合併する疾患に関しては、後ほど詳しくご説明します。

ハイアーチ・凹足は、甲高でかたい足なのです。

ハイアーチ・凹足の原因とは?

ハイアーチ・凹足の原因としては以下のものが考えられます。

  • 遺伝
  • 過去の怪我
  • 神経疾患による筋活動の異常

ハイアーチ・凹足の原因として、遺伝的な足の骨の形状や、靭帯のかたさが原因と考えられています。

ご本人様にお話を聞くと、ご両親もハイアーチ・凹足だということは多々ございます。

 

また過去の足の骨・筋・靭帯の怪我が原因のこともございます。

それは、足を支えている骨や筋、靭帯が損傷されることは、足の支持性に影響するためです。

 

中には、神経疾患による筋活動の異常(痙性のある麻痺)が原因の場合もあります。

 

このように、ハイアーチ・凹足の原因としては、主に遺伝・過去の怪我・神経疾患による筋活動の異常の3つが考えられます。

ハイアーチの診断方法

ハイアーチの診断方法は、立った状態の踵部をうしろから見ます。

真っすぐ立って、踵が外に倒れていたらハイアーチ・凹足の可能性あります。

これは、踵が外に倒れていると、内側縦アーチが過度に引き上げられてしまうためです。

踵の骨が外に倒れることを、過回外(かかいがい)あるいはオーバースピネーションと言います。

 

“踵が内側に倒れていた”という方は、逆に扁平足の可能性がございます。

⇒扁平足に関して詳しくみる

ハイアーチ・凹足の主な7つ合併疾患とは?

ハイアーチ・凹足に合併しやすい疾患は、主に7つございます。

①足底筋膜炎

②外反母趾

③足趾変形(足のゆびの変形)

④足のたこ

⑤変形性膝関節症・膝の半月板損傷

⑥捻挫(ねんざ)

⑦疲労骨折

もし心当たりがあれば、ぜひその項目をご確認ください。

①足底筋膜炎

足の裏の踵付近に痛みがありませんか?

それは、足底筋膜炎が生じている可能性がございます。

ハイアーチ・凹足は硬直性足部と言われており、簡単に言えば足の動きがかたい状態です。

この足の動きのかたさが原因で、足底筋膜炎が生じるケースがございます。

⇒足底腱膜炎について詳しくみる

②外反母趾

母趾(親指)が出っ張っていませんか?

ハイアーチ・凹足は、外反母趾が合併しやすいです。

それは、外側縦アーチの低下を伴う場合があるためです。

⇒外反母趾ついて詳しくみる

③足趾変形(足のゆびの変形)

足趾(足のゆび)はいくつかあります。

その中で、ハイアーチ・凹足が合併しやすいのはクロートゥです。

クロートゥとは指が曲がってしまう変形で、浮き指の原因の1つでもあります。

 

クロートゥが合併しやすいのは、ハイアーチ・凹足は、足趾の付け根の骨(中足骨)の傾きが大きいためです。

中足骨の傾きが多いと、足趾の根本の骨(基節骨)が反ってしまいます。

この状態で歩いて足を蹴り出すと、指先に付着している筋肉(長趾屈筋・虫様筋)が作用して、足趾が曲がったクロートゥの状態を作り出してしまうのです。

 

ハイアーチによるクロートゥは、特にくすり指・小指の2本に生じやすいです。

一度自分の足のゆびを確認してみてはいかがでしょうか。

④足のたこ

足にたこができていませんか?

ハイアーチ・凹足は、たこが合併しやすいです。

 

それは、足と地面の接地面積が少ないためです。

⇒足のたこに関して詳しくみる

⑤変形性膝関節症・膝の半月板損傷

膝にO脚変形があったり、半月板損傷の経験があったりございませんか?

ハイアーチ・凹足は、変形性膝関節症・半月板損傷が合併および悪化するする可能性がございます。

 

それは、足の衝撃吸収機能がとぼしく、膝に大きな負担がかかってしまうためです。

⇒変形性膝関節症に関して詳しくみる

⑥捻挫(ねんざ)

よく足をひねって捻挫していませんか?

ハイアーチ・凹足は、捻挫が起こりやすい状態です。

 

それは、足首が外に倒れてしまっているためです。

ハイアーチ・凹足は、踵の骨が外に倒れているため、外側方向へのバランスが取りづらく、捻挫が起こりやすい状態なのです。

⑦疲労骨折

足の骨の疲労骨折の経験はございませんか?

ハイアーチ・凹足は、疲労骨折が生やすい状態です。

 

それは、足部がかたく衝撃吸収機能がしっかり働かないため、骨にダイレクトな衝撃が伝わってしまうためです。

本来であれば、足の筋肉や靭帯が骨と一緒に動いて衝撃を吸収しています。

ですが、ハイアーチ・凹足だと、この衝撃吸収機能が働ききれていないのです。

このように、ハイアーチ・凹足は合併疾患が多い状態です。

合併疾患は主に7つございます。

ハイアーチ・凹足の対策とは?

ハイアーチ・凹足の対策は、主に2つございます。

それは、『運動療法』と『インソール』です。

運動療法

カラダがかたかったり、筋肉量が落ちていませんか?

運動療法は、ハイアーチ・凹足に有効だと考えられます。

 

それは、関節の可動域や筋力低下を改善するためです。

また、ハイアーチ・凹足による合併症(足底筋膜炎など)がある場合も、運動療法を活用すると良いでしょう。

インソール

ハイアーチ・凹足、これに伴う合併症に対してインソールによる保存療法は有効です。

それは、インソールは足の機能を補うことができ、適切な動作を促すことが足部の可動域を改善につながるためです。

ハイアーチ・凹足は、足がかたい状態で足の機能が使えておらず、しっかり衝撃吸収ができていない状態です。

インソールの衝撃吸収性は、こうした足の機能を補うことができます。

また、痛みや合併症を伴う場合、歩行動作などがしっかり行えていない可能性が非常に高いです。

痛みを逃がすような動きになっていたり、使いたい筋肉が使えていなかったりする状態です。

インソールにより痛みを軽減することは、適切な動作を促し、足部の可動域の改善が望めます。

弊社では、オーダーメイドだけでなくレディメイドのインソールも取り扱っております。

よろしければ、ご覧ください。

✔レディメイドインソール

⇒日本人14万人のビッグデータを基に設計された【WINSOLE】とは

⇒日本人女性に特化して設計された【Qua+】とは

まとめ

ハイアーチ・凹足は、足がかたいような状態です。

 

インソールにより足の機能を補い、適切な動作を促すことが必要だと考えられます。

 

まずはレディメイドのインソールを使用してみて、さらに症状改善が必要であればオーダーメイドのインソールをご検討してみてはいかがでしょうか。

U2メディカルインソール

詳細・ご購入はこちらから

メディカルU2インソール

専門機関において、相談・計測を行っております。あなただけのオリジナルインソールを製作いたします。お近くの専門機関をご紹介いたします。

WINSOLE(ウィンソール)

日本人14万人の「足の形状・足底圧」のビッグデータを基に設計されたインソールです。老若男女問わず、適応となります。

Qua+(キュアプラス)

日本人女性9万人の「足の形状・足底圧」のビッグデータを基に設計されたインソールです。日本人女性に合うように設計されております。

Pocket