身体におこる様々なトラブル

インソールで改善が可能です

全身のバランスが整い、腰・足への負担が軽減

足を安定させ、矯正することによって、
足の筋肉や、骨格が正しく、より効果的に機能

足に負担がかかると

全身のバランスが崩れ

腰・足への負担が増加し

身体におこる

様々なトラブルに繋がります。

扁平足・オーバープロネーション

扁平足・オーバープロネーションとは、つちふまず(足のアーチ)が低くなることです。症状としては、足の機能がしっかり発揮できないため、疲れやすく、瞬発力やバランス力低下にもつながるたこや外反母趾を合併したり、膝や腰を痛めたりする原因にもなります。

ハイアーチ

ハイアーチとは、つちふまず(足のアーチ)が高すぎることです。足先と踵だけで体重を支えるため、足を痛めやすくなります。また、足の組織が硬いことが多く、動作時にしっかりと衝撃を吸収することが難しいです。外側縦アーチ低下が原因の場合、外反母趾を合併することがあります。

外反母趾

外反母趾とは、親指が付け根から人差し指の方へ曲がってしまうことです。扁平足やハイアーチを合併していることが多いです。

なお、大きく変形していても痛みがないこともあります。

変形性膝関節症(O脚)

変形性膝関節症とは、膝関節が変形し、O脚の状態になってしまうことです。X脚になるパターンもあります。膝周辺に痛みを伴うことが多いです。膝をかばって動いてしまい、膝以外に負担をかけてしまうこともあります。

たこ・魚の目・胼胝

足のたこ魚の目は、足に局所的な力が加わることでできてしまいます。たこや魚の目ができてしまうのは、身体不良のサインです。そして、削ってはできてしまう悪循環から抜け出すために、インソールは有効です。

足底筋膜炎(腱膜炎)

足底筋膜炎とは、内側縦アーチ部分の痛み、とくに足底筋膜の付け根の痛みが特徴的です。痛みが出るタイミングとしては、起床直後、長時間の歩行後に出やすいです。足底腱膜が踵の骨膜に付着しており、その牽引によって骨棘が生じることもあります。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

脛やふくらはぎが痛い、それはシンスプリントかもしれません。

シンスプリントとは、運動によるオーバーユースで、ふくらはぎから足に繋がる筋肉が原因となる骨膜炎です。あなたが運動をよくされるのであれば、可能性は大いにあります。

有痛性外脛骨

有痛性外脛骨とは、足の内側の舟状骨という骨の近くに余分な骨が形成され、その部分に刺激されてしまう状態のことです。スポーツ活動が盛んな思春期の年代に多い症状です。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)

ジャンパー膝とは、スポーツ時におけるジャンプやダッシュなどを繰り返すことで、膝の腱を痛めてしまっている状態のことです。特にバレーボール選手に多い疾患です。また、膝蓋腱炎(しつがいけんえん)と呼ばれることもあります。

種子骨障害(種子骨炎)

母趾の付け根、その底が痛い。それは、種子骨障害(種子骨炎)かもしれません。

種子骨障害は、仕事やスポーツなどで頻繁につま先立ち・しゃがみこみ・歩行・走行を行う人に起こりやすい疾患です。

足底線維腫(そくていせんいしゅ)

足裏の痛み。そこに“しこり”がある場合は、足底線維腫かもしれません。別名、Ledderhose病(レダーホース病)とも言います。原因として、糖尿病等と関係があるともいわれています。

足底筋膜炎と症状が類似している疾患となりますので、しっかりと識別する必要があります。

膝蓋大腿関節症候群

膝の前面の痛み。それは、膝蓋大腿関節痛症候群(PFPS)かもしれません。原因は、膝のお皿である膝蓋骨の位置にズレが生じ、これが痛みに繋がると考えられています。そして、この膝蓋骨のズレは扁平足によって生じます。

 

重心の偏り

片方の足にばかり体重をかけて立っていませんか?また、踵だけや前足ばかりで体重を支えていませんか?

重心の偏り(かたより)とは、自分ではまっすぐ立っていると思っていても、重心が前後・左右のどちらかに寄ってしまっている状態です。アーチが崩れており、関節の動きが悪い人が多いです。そのため、バランス保持能力が低く、偏った慢性的な負担により問題が起こりやすいです。

メディカルU2インソール

医療の現場から生まれた
痛みの救世主

メディカル U2 インソール

一人ひとりの足に合わせた
オーダーメイドのインソールは
障害の予防や治療に効果的です
正確な計測から生まれる
あなたの為のインソール

相談・計測のご案内

専門機関において、相談・計測を行っております。

けがの予防や痛みの軽減・スポーツ等のパフォーマンス向上をめざす方は是非一度、ご相談ください。

正確な計測からあなたの為のインソールをご提案いたします。

履くだけでカラダの改善を体感いただけます。

メディカルU2インソール

ご注文・ご相談

メディカルU2インソール

専門機関において、相談・計測を行っております。あなただけのオリジナルインソールを製作いたします。お近くの専門機関をご紹介いたします。

WINSOLE(ウィンソール)

スポーツの動きに着目し、開発されたインソールです。パフォーマンスの向上まで得る事のできるスポーツに特化した「勝つため」のインソールです。

Qua+(キュアプラス)

長年のインソール開発より得た日本人の足型をもとに、最も本来の足裏に近い足型を再現。あなたのカラダのケアのお手伝いをします。

メディカルU2インソール

information

ご愛用者様

株式会社RIKIは、アスリートの方々を
応援しております。
高島 規郎様

日本卓球界を牽引するレジェンド。
卓球におけるインソールの必要性を提唱している。

全日本卓球選手権大会1972年度・1978年度・1979年度の3回、男子シングルスで優勝。
1975年の世界卓球選手権では男子シングルスで3位入賞、団体でも4回に渡って銅メダル獲得メンバーである。

薪谷 翠様

日本の女性柔道家。現在はミキハウス柔道部でコーチを務める。

インソールをトレーニングの効率化・怪我の防止として活用している。

山部 佳苗様

日本の女子柔道選手。階級は78kg超級。段位は五段。
現在はミキハウスに所属。

主にトレーニング時にインソールを活用。
足の深部筋を効率よく鍛え、実践に活かしている。

茂木 秀様

神奈川県出身のサッカー選手。セレッソ大阪所属。ポジションはゴールキーパー。

ゴールキーパーに求められる瞬発力・バランス能力の向上のためインソールを活用している。
試合時はもちろん、トレーニング時にも装着している。

小野 誠治様

卓球男子シングルス元世界チャンピオン。
日本卓球史上に燦然と輝く名選手。
「最後の世界王者」であり、小野選手以降に男女含めて日本では世界王者は生まれていない。

昔から悩んでいた足の捻挫癖を、インソールにて改善した。
単純なパフォーマンス向上はもちろん、足の怪我の恐怖を払拭することで、自身の身体に遠慮なく動くことができるようになる。

現在は若手選手の育成に取り組んでいる。

英田 理志様

鳥取県出身の卓球選手。TリーグT.T彩たまに所属。
スウェーデンのリーグで目覚ましい成長を遂げた選手。

インソールを使用してから、足腰の疲労感が大幅に改善した。また、ハードな練習後に足裏を痛めるくせがあったが、これも解消。
怪我の防止・パフォーマンス向上に効果抜群とのコメント。

MENU
PAGE TOP