母趾の付け根が痛い!種子骨障害の症状と対策とは?

母趾(親指)の付け根、その底が痛い。それは、種子骨障害(種子骨炎)かもしれません。

種子骨障害は、仕事やスポーツなどで頻繁につま先立ち・しゃがみこみ・歩行・走行を行う人に起こりやすい疾患です。

今回は、そんな種子骨障害に関してお話します。

  • 種子骨(しゅしこつ)とは?

種子骨とは、足の母趾(親指)付け根の底にある2個セットの骨のことです。

種子骨は足の筋肉の腱の中に埋まっています。

関連する筋肉は、母趾外転筋・母趾内転筋・短母趾屈筋の3つとなります。

内側種子骨は母趾外転筋・短母指屈筋の腱の中に、外側種子骨は短母指屈筋・母趾内転筋の腱の中に埋まっているのです。

そして種子骨の役割としては、次の2点が挙げられます。

  • 腱を過度の摩擦から保護する
  • 筋肉の作用を効果的にする(てこの腕を長くしている)

種子骨が障害されると、痛みが出たり筋肉の働きが悪くなったりして、生活や各動作に影響が出てしまいます。

  • 種子骨障害とは?

種子骨障害とは、種子骨周辺に痛みがある状態のことです。

種子骨周辺の腱の、炎症、骨折や壊死(えし)などの症状が考えられます。

痛むタイミングとしては、体重をかけたとき・母趾が伸展したときが考えられます。

この時に母趾の付け根底に痛みが生じた場合は、種子骨障害の可能性が高いです。

  • 種子骨障害の原因とは?

種子骨障害は、走行・踏み込む動作が多いスポーツや、つま先立ちを多く行う労働などによる、繰り返し生じる負担により発症しやすいです。

また、アスファルトといった地面の硬さなどの外的要因も、種子骨障害に繋がる原因として考えられています。

かたい足・柔らかい足で生じやすい症状も異なってきます。

足の母趾列の可動域が小さい(かたい足)の場合、地面から直接垂直方向の力が種子骨に加わりやすいため、炎症だけでなく骨折が懸念されます。

対して可動域が大きい(柔らかい足)の場合、母趾列は大きく動くため反復的な擦る力による炎症症状が生じやすいのです。

  • 種子骨障害の対策とは?

いわゆる保存療法が原則となります。

まず種子骨の骨折の場合は、患部の固定・安静(荷重制限)がとても重要です。

対して炎症の場合は、インソールがとても有効です。

インソールにより、種子骨部以外にて体重支持を行うことで、力が分散され負担を減らすことができます。

また、母趾列の可動域が大きい場合には、母趾列の動きをインソールにて制限することで種子骨が含まれる筋の過度な伸張を減らし、負担を減らすことができます

種子骨障害は、母趾の付け根底が痛む症状が出ます。

原因としては、種子骨自体に対して直接力が働くことと、筋による過度な伸張が考えられます。

種子骨障害の中でも骨折までいくと安静が必要となりますが、炎症であればインソールで対応することができます。

種子骨障害の症状に心当たりのある方は、インソールを装着し改善しましょう!

オーダーメイド
WINSOLE
Qua+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です