【インソール】扁平足とは?足のチェック方法!

扁平足のことをご存知でしょうか。

一般的な扁平足の認識としては、“土踏まず がなくなってしまっている状態”だと思います。

最近よく聞く呼び名として、オーバープロネーション(過回内)なんてのもありますが、これも扁平足のことと捉えてもらって大丈夫です。

 

それでは、扁平足とは具体的にはどんな状態なのでしょうか。

自分の足が扁平足だと見分ける方法はあるのでしょうか。

今回は扁平足についてと、そのチェック方法に関してお話致します。

まず扁平足とは、足の内側縦アーチが低くなってしまっている状態のことです。

なぜアーチが低くなってしまうのかと言えば、原因は様々です。

例えば、次のような環境が考えられます。

  • 体重の増加

  • 長時間の立ち仕事

  • 長時間の歩行

  • スポーツでのオーバーユース(使い過ぎ)

  • 過去の足の怪我

これらが原因となり、足周りの骨・筋腱・靭帯などに変形や損傷が起こってしまうことで、扁平足になってしまうことがあります。

つまり、生まれつきでなくとも、後天的に扁平足にはなってしまうのです。

前別の記事にて、アーチの構造に関してお話しました。

(→まだ読んでいない方はぜひご覧ください)

アーチが低い状態というのは、足の機能がしっかりと使えず、身体に負担がかかりやすい状態です。

そして、骨・筋腱・靭帯に何かしら問題が生じています。

内側縦アーチを考えるときに、骨の構造はとても大事です。

内側縦アーチを支える大事な骨の1つに“舟状骨(しゅうじょうこつ)”があります。

舟状骨は、内側縦アーチのかなめ石やキーストーンと呼ばれています。

形は台形状で、アーチ支える要(かなめ)となる大切な骨なのです。

舟状骨
略図

そして、この要石がしっかりと働くように頑張っている筋肉の1つに、

後脛骨筋(こうけいこつきん)”があります。

 

後脛骨筋は、ふくらはぎの深くにある筋肉です。

この筋肉は、ふくらはぎの外側から内くるぶしの下を通って舟状骨に付着しています。

そして、要石である舟状骨を上に引っ張り、アーチを安定させるように頑張っています。

後脛骨筋は内くるぶしの下をグッとカーブしており、とても損傷しやすい構造となっています。

損傷してしまうと後脛骨筋が上手く働きません。

この状態は、“後脛骨筋腱機能不全(PTTD)”と言います。

他にも、舟状骨は靭帯によっても支えられています。

代表的な靭帯としては、“三角靭帯”“バネ靭帯”があります。

三角靭帯は、複数の靭帯の総称で、舟状骨やその右隣りの距骨を支える強力な靭帯です。

バネ靭帯は、底側踵舟靭帯と呼ばれていて、舟状骨と踵骨間で繋がっているバネのような効果のある靭帯です。

他にも、長・短足底靭帯という靭帯も働いています。

足底腱膜も、アーチを支える重要な組織の1つです。

足底腱膜は、踵から指の付け根をつなぐ大きな腱膜です。

アーチの硬さをコントロールする重要な組織となります。

こうした組織や構造により足は支えられています。

ですが、どこかに問題があると支えが弱まり、扁平足となってしまいます。

それでは、扁平足なのかどのように見極めるのでしょうか。

すぐできる方法としては、主に2つあります。

 

<横から見る方法 Navicular Drop Test>

扁平足かどうかを横から見る方法に“Navicular Drop Test”というのがあります。

Navicularとは舟状骨のことです。

この診断方法は、体重をかけたときに舟状骨がどれぐらい落ちる(低く)なるのかというものです。

Menz HB. Alternative techniques for the clinical assessment of foot pronation. J Am Podiat Med Assn 1998;88119-29.

おおよそ1cmぐらい低くなってしまうようであれば、扁平足の可能性が高いです。

ただ、この診断方法は“距骨下関節中間位”という厳密な足の姿勢に気を付けながら行う必要があるため、自身で判断するのは難しいです。

<後ろから見る方法 Too Many Toes Sign>

まず、足の動きは肘や膝みたいな曲げ伸ばしのみの単調な動きではありません。

それは、ご自分の足首を動かしてみたり、前足をもってねじってみたりすると分かると思います。

そして、扁平足というアーチが下がっている状態は、“距骨下関節の回内”と表現されます。

回内とはプロネーションと言い、扁平足がオーバープロネーションと呼ばれるのもこういった理由です。

簡単に言うと、扁平足とは足がねじれた状態だと言うことです。

扁平足というと、足の土踏まずの部分に注目しがちです。

ですが、このねじれた状態を確認するには、後ろから足を見ることも重要です。

扁平足の場合は、アーチが下がりねじれた結果、足の指がたくさん見えてしまいます。

この診断方法を、“Too Many Toes Sign”と言います。

この診断方法は直感的で分かりやすいです。

ただし、だれかに後ろから見てもらう必要があります。

あとは単純ではありますが、扁平足が原因で炎症が起きていれば足が痛くなります。

また、単純に疲れやすいという症状も立派な診断基準の1つになります。

扁平足だと、様々な問題が生じてしまいます。

その問題を改善したり、予防したりするためにインソールはとても有効なのです。

これに関しては次回お話しようと思います。

オーダーメイド
WINSOLE
Qua+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です